JOB.com

薬剤師や介護福祉士を目指して!~求人に応募するために必要なもの~

仕事に就く前に

現代では数え切れないほど、実に多種多様な職業が存在していますが、その中でも人によって向いている職業、向いていない職業があります。そのため、薬剤師や介護系の仕事に就職あるいは転職する前に、ご自身が医療・福祉系の仕事に向いているかチェックしておきましょう。

医療・福祉系に向いている人

  • 人と接することが好きという方
  • 人の話を真面目に聞くことができる方
  • 困っている人の役に立ちたい方
  • 根性や体力に自身がある方
  • 人の顔や名前を覚えることが得意な方

薬剤師と介護福祉士の仕事

薬剤師や介護福祉系の職種は医療・福祉系の職業に分類されますが、具体的にどんな仕事を行い、どのような職場環境なのかをご存知でしょうか。医療・福祉系の職種を目指される方のために、これから薬剤師や介護福祉系についてご紹介していきます。

各分野のスペシャリスト!薬剤師や介護福祉士の仕事と求人

薬剤師

薬剤師の仕事内容

薬剤師とは文字通り、医薬品全般についての幅広い知識を持つ薬のスペシャリストになります。薬剤師が働ける現場は薬局から病院、製薬会社まで多岐にわたり、活躍できる場所も医療分野の職種の中でもかなり多い方でしょう。しかも、医師よりは年収は少ないものの、医療分野の中では高収入をマークしています。そのため、薬剤師の求人は全国でも人気が高いです。

薬剤師になるには

薬剤師として働くためには、専門性の高い知識を身に付けるだけでなく、薬剤師の国家試験に合格しなければなりません。この国家試験に受験するためには、国が指定した大学の薬学部で化合物に関する基礎知識や薬が体内で作用する効果などの課程を修め、卒業する必要があります。その上で、薬剤師国家試験に合格することではじめ、薬剤師と認められるわけです。

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事は高齢者や障害者の生活を多角的にサポートするということが主な仕事です。そのため、薬剤師のように専門的な知識を必要とすることがないとも言えます。しかし、介護福祉士の仕事も多岐にわたり、施設によっては身体介護、メンタルケアだけでなく、高齢者や障害者の方のために生活プランを考えたりすることもあります。

介護福祉士になるには

介護福祉士として働くためには、国家試験に合格する必要があります。しかし、最近では高齢化社会に伴い、資格の有無に問わず、未経験者でも介護の仕事ができる施設も増えてきています。当然、資格を取得している方が就職活動では有利ですし、任される仕事内容としても国家試験を保有している介護士の方が仕事の幅は広いです。ですが、介護士をすぐ目指したいという場合には未経験者優遇の求人に応募するのもいいでしょう。

介護福祉士・薬剤師に関するQ&A

薬剤師は薬を調剤するだけの仕事?

薬剤師は薬を調剤することが主な仕事内容になりますが、その他にも沢山の仕事があります。例えば、製薬メーカーで薬の開発に携わったり、国、県庁、保健所などで薬事監視員として働いたりということもできます。

介護福祉士とホームヘルパーの資格は別?

介護福祉士とホームヘルパーは混同されることも多いですが、資格は全く別になります。介護福祉士は国家試験ということに対して、ホームヘルパーは公的認定資格です。そのため、介護福祉士の方が難易度が高いと言えるでしょう。

広告募集中